WordPress

WordPressとSNSを連携させる!プラグインを使って簡単自動投稿!

 

ブログのアクセスアップの一つの方法として、SNSからのアクセスの流入があります。

 

SNSからのアクセスを増やすためにはブログ記事の更新や、ページの変更等をした時に、SNSにそのことを投稿する必要があります。

 

ただ、いちいちブログを更新した後、その更新をFacebookやTwitterなどのSNSに投稿するのって面倒ですよね(´・ω・`)!

 

そこでその面倒なことを自動でやってくれるのがWordPressのプラグイン!

いや〜、本当に世の中進歩していますね( ・∀・)!笑

 

こちらの記事では、WordPressで記事をアップした時に、自動でSNSにも更新の投稿がされるという素晴らしいプラグインの紹介と、その使い方についてお話していきます!

WordPressとSNSを連携できるプラグイン

今回紹介させていただく、WordpressとSNSの投稿を連携してくれるプラグインは【Jetpack】です!

 

JetpackのプラグインはSNSとの連携だけでなく、様々な機能があります。

無料でも十分使えるプラグインですので、とりあえずインストールしておきましょう!

 

Jetpackをインストールする

Jetpackのインストール方法も他のプラグインのインストール方法と一緒です。

 

まずWordPressのダッシュボードの左にある【プラグイン】の中の【新規追加】をクリック。

検索窓に【Jetpack】と入力すると、【Jetpack by WordPress.com】というプラグインが表示されるので、【今すぐインストール】をクリック。

 

インストールできたら有効化しましょう。

(表示される画面が違うかもしれませんが、有効化すればOK!)

 

これで【Jetpack】のインストール&有効化は完了です。

 

SNSにシェアするためのJetpackの設定方法

次にプラグインの設定をしていきます。

 

まずは、Jetpackの機能を利用するために、Wordpress.comのアカウントと関連付けをしていきます。

 

JetpackとWordpress.comのアカウントの関連付けの方法

左の【プラグイン】の中にある【インストール済みプラグイン】をクリック、もしくは【Jetpack】をクリックすると、【Jetpackを設定】というボタンがあると思います。

そちらをクリックしましょう。

 

WordPress.comにログインします。

(アカウントをお持ちでない方は下記URLからアカウントを作成してから進めましょう!)

https://ja.wordpress.com/

 

ログインすると設定を完了という画面が開きます。

 

少し時間が経つとプランの画面が表示されます。

有料のものを使ってもいいですが、後からも変更できますので、下にある【無料プランでスタート】をクリックしましょう。

 

クリックすると、WordPressのページに戻り、下のような画面が表示されます。

 

とりあえず、これでJetpackとWordPress.comの連携は完了です!

 

SNSに自動投稿するためのJetpackの設定方法

次にSNSに自動投稿するためにJetpackの設定をしていきます!

 

ダッシュボードで左の【Jetpack】の中の【設定】をクリックします。

 

設定の画面が開いたら【共有】をクリックします。

 

パブリサイズの接続というページが表示されますので、まずは【投稿をソーシャル・ネットワークに自動共有】がONになっているか確認しましょう。

ONにしたら、【ソーシャルメディアアカウントを接続する】をクリックします。

 

WordPress.comにログインされていれば、下のような画像が表示されます。

 

連携したいSNSの右にある【連携】をクリックしましょう。

 

Facebookであれば、Facebookのログイン画面が表示されます。

(すでにログインされている場合は確認の画面が表示されます。)

 

Twitterであれば、Twitterのログイン画面が表示されます。

(すでにログインされている場合は確認の画面が表示されます。)

 

それぞれログインして認証が完了してください!

 

正しく連携できている場合は、【連携】と表示されていたボタンが【連携を解除】に変わっていると思います。

 

以上でSNSの自動投稿の設定は終了です!

 

記事を更新した時、SNSにも自動更新されるか確認する

ここまでの設定が完了していれば、記事の投稿画面の【公開】のところにに【パブロサイズ共有】という表示が追加されていると思います。

画像ではFacebookページとTwitterが共有されているということです。

こちらの【編集】をクリックしましょう。

そうすると、それぞれ連携したSNSのチェックボックスと、カスタムメッセージというところが開きます。

このチェックを外すことで、自動投稿がされなくなるので、「あるSNSにある記事だけ更新の投稿をしたくない!」という場合はチェックを外しましょう。

 

【カスタムメッセージ】は、入力した文章がそのままSNSでの投稿になります。

(設定しないと、記事の本文が改行なしで投稿されてしまうので、何かしらは設定するようにしましょう)

 

Twitterは140文字までですので、Twitterに自動投稿している場合は文字数を気にするようにしましょう。

 

実際に設定して、ブログの記事を更新すると、こんな感じで投稿されます( ・∀・)

 

【Facebook】

【Twitter】

正しく表示されていれば、設定は完了です( ・∀・)

まとめ

何でもそうですが、作業する中で効率化を考えるのはとても重要です( ・∀・)

 

1時間かかってた作業が、30分に短縮できたら、その30分を自分の好きなことに使うことができますよね♪

 

手動でSNSにブログの記事更新を投稿するとなると、

【ブログを更新】→【それぞれのSNSを開く】→【投稿する文章を入力する】→【記事のURLをコピーして貼り付ける】

こんなに作業をしなければなりません。

 

この設定をするだけで

【ブログを更新(SNSに投稿する文章の入力も同じ画面でする)】

これだけの作業に短縮できます。

 

1日1日を見ると2〜3分の差だとしても、長い目で見ればかなりの時間を無駄にすることになります。

ぜひ無駄を無くすために、Jetpackを利用してSNSに自動投稿するように設定してみてくださいね( ・∀・)

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w