マインド

悩んだって仕方ない!未来に起こる問題に振り回されるな!

あなたは悩みやすいタイプの人間でしょうか?

 

実は、悩みの8割は実際には起こらないと言われています( ・∀・)w

しかも、その2割の中の8割は、予め準備して対応すれば、

対応できるものだと言われています。

 

8割は起こらない。

起こったことの中の8割は対処可能。

 

つまり、96%のことは、悩む必要すらないということです_(:3 」∠)_笑

 

色んなことで悩んでしまうという方のために、

悩んだって意味ないんだよというお話をしていきたいと思います( ・∀・)笑

未来の問題を考えても意味がない

大半の人は

「未来に起こる問題を想定し、それを解決しようとする」

といった行動をとります。

 

簡単に言えば、

「先のことで悩み、それが起きたらどうしよう〜」と考えるわけです。

 

ただ、さっきも言ったように、

悩んだことの、8割のことは起きすらしません。笑

 

起きないことを考えて悩むなんて、

マジで時間の無駄ですよね^^;笑

 

未来のことなんて考えられるわけないんですよね_(:3 」∠)_

 

よく、「最悪を想定する」のが重要と言われたりしますが、

最悪を想定して「どうしようー、どうしようー(´・ω・`)」と悩んでネガティブになってしまうのであれば、

その時間がもったいないのでやめましょう。笑

 

だって8割のことは起きないんですから。

起きちゃってもその中の8割はどうにかなるんですから。

 

考える必要すらないですね_(:3 」∠)_

行動すれば何かが見える

悩む前に、まず大切なのは行動すること!!!

 

行動することで、実際に目の前に問題が現れます。

この問題に関しては、実際に起っていることなので、

解決策を考えなければならないですね_(:3 」∠)_

 

最初に悩むんじゃなくて、

行動して、行動して実際に問題が現れたときに、

その問題を解決するために動きます。

 

そうすることで着実に1歩先に進めることになります。

 

流れで言うならば

  1. まず行動
  2. 問題の出現
  3. 問題を解決するために行動
  4. 1歩前進
  5. また問題が出現(3に戻る)

 

こんな感じ。

 

まず動いてみて、実際に起きた目の前の問題を解決することが重要ってことです。

まとめ

まあ、僕も未来のことをあれこれ予測してしまうタイプではあります。

 

ある程度の経験をもとに、それに時間をかけてまでやるのが正解か、

やらない方が正解かを判断することはあります。

 

時間は有限ですから。

 

ただ、ご自身でまだ経験が足りないと思うのであれば、

未来のことを心配する前に、まずは手を動かしてみましょう!

 

まあ、僕もなんやかんや理由をつけて面倒なことをやらない性質があるので、そこは反省しなければならないところです^^;笑

 

まずは目の前のことに集中して、手を動かす癖をつけられるようにしたいですね( ・∀・)

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w