マーケティング

キーワードプランナーの使い方!キーワードプランナーで需要を調べる!

キーワードプランナーってご存知ですか?

 

ネットビジネスなどに取り組んでる方、マーケティングをされている方などは使ったことがある方も多いのではないでしょうか?

 

実は、こちらのキーワードプランナーですが、ご自身で好きなことをビジネスにするのに非常に便利なツールです!

 

こちらの記事ではキーワードプランナーの使い方と、キーワードプランナーを使うことでどんなことが分かるのかを説明していきたいと思います^^

ぜひ、ご自身でビジネスをされてるのでしたら、キーワードプランナーを一度利用してみてくださいね!

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナーはGoogleが提供するサービスの一つで、もともとはGoogle広告(旧GoogleAdWords)を利用している人が使えるツールです。

 

Google広告を使う人のためのツールですので、利用するためにはGoogle広告の登録をしなければなりません。

そちらに関しては今回の記事では省略させていただきます。

 

このキーワードプランナーですが、ビジネスをする上でめっちゃ便利なツールですので、どんなところがめっちゃ便利かどうかをお伝えしていきますね( ・∀・)!

キーワードプランナーを使って何が分かる?

キーワードプランナーは使い方によっては色々な情報を得ることができるツールです。

 

その中で僕が利用するときに見るものとしては

【検索ボリューム数】【競合性】検索したときに出てくる【関連ワード】です。

 

実際に検索した結果はこんな感じ!

 

他にもGoogle広告を利用した場合の掲載するときの入札単価などなども結果として表示されますが、今回はGoogle広告を使うわけではないので、そちらに関しては今回はスルーで!笑

検索ボリュームが多さは需要の多さ!

あなたはGoogleやYahoo!の検索エンジンで何かを検索したりすることはあるでしょうか?

 

あなた自身が何かを検索する時のことを考えていただけていれば分かると思いますが、誰かが何かを検索するのって

 

  • 知りたい何かがある
  • 解決したい何かがある

 

といった時ではないでしょうか?

 

つまり、たくさん検索されるキーワード=それについて知りたい、悩みを解決したいということです。

簡単に言えば検索数=需要の多さということです。

競合性でライバルの多いキーワードかどうかが分かる!

競合性に関しては言葉のままで、そのキーワードはライバルが強いか弱いかが分かります!

 

こちらもGoogle広告にそのキーワードで出すときのライバルの強さに関する基準なのですが、「ライバルがいる=需要がある(お金になる)」ということですので、競合性が高いほど、ライバルは強い(多い)けど、お金になるんだな〜と思っていただければいいかと思います( ・∀・)

 

とはいえ、【低、中、高】の3段階ですので、あくまでも参考程度って感じですね。

関連ワードに掘り出し物のキーワードがあるかも!

先程の画像ですが、こちらは【副業】というキーワードで検索したときに表示されたものです。

 

副業というキーワード以外も表示されていますよね!!!

 

キーワードプランナーでは、こちらの関連キーワードが表示されるおかげで、自分の頭の中では思いつかないキーワードなども表示され、気づくことができます。

 

ちなみに【副業】と検索したところ、全ての関連ワードを合わせると

778個ものキーワードが表示されました!!!

 

副業に関するキーワードを思い浮かぶだけ書いたとしても、なかなか778個も思い浮かばないですよね( ・∀・)!

 

この中に自分が思いつかない掘り出し物のキーワードもあるかもしれませんので、ぜひ調べて参考にしてみてください!

実際、どんなときにキーワードプランナーを利用するの?

僕がキーワードプランナーを利用するのは

 

  • ブログのタイトルを考えるとき
  • 新しいビジネスを立ち上げるとき

 

この2つが多いです!

他にも色々と使う場面はあるのですが、僕が日々行っていることとしてはこんなところかと!

 

 

ブログはタイトルの付け方でお客さんが来てくれるかどうかが決まると言っても過言ではありません!!!

検索ボリューム数が全く無いキーワードでブログを書いたとしても、検索エンジンからのお客さんのアクセスは見込めません。

ですから、最低限の検索ボリューム数があるキーワードを選んでタイトルにつけるようにした方がいいですね( ・∀・)

 

まあ、検索ボリューム数が多いキーワードに関しては、その分競合も強いため、多ければいいってもんでもないんですけどね・・・^^;笑

 

あとは、新しいビジネスを立ち上げる時には必ずキワードプランナーを使って、検索ボリュームを調べます

先程も言ったように、検索ボリューム数が多い=需要が多いということです。

 

現在、好きなことをビジネスにするお手伝いをさせていただいてますが、流石に【好きなだけ】ではビジネスになりません。

あなたの好きなことがニッチな市場過ぎて需要が無かったら、お客さんを見つけるのがかなり難しいです^^;

 

ですから、最初にあなたの好きなことがビジネスになるかどうかを調べるための一つの手段として、キーワードプランナーを使わせていただいてます( ・∀・)

キーワードプランナーの使い方

まず、GoogleでもYahoo!でもいいので、検索エンジンでキーワードプランナーと検索します。

 

最初からキーワードプランナーのページが表示されればいいのですが、

↓こんな感じ

 

もしGoogle広告のページが開いてしまった場合、右上の【ツール】をクリックして

 

その中の【キーワードプランナー】をクリックしましょう。

 

そうすれば最初の画像のような、キーワードプランナーのページが開くと思います。

 

ちなみに、しばらく前にキーワードプランナーの外観や仕様が変わってしまったのですが、僕は以前のキーワードプランナーの方が使いやすいので、以前の仕様のまま利用しています。

以前の仕様で使いたい場合はキーワードプランナーのページで、以前のキーワードプランナーを開くをクリックすればOK!

 

正直僕は以前のキーワードプランナーしか使ってないですが、とりあえず使ってみます。笑

 

新しいキーワードを見つけるをクリックする。

 

検索したいキーワードを入力し、入力したら開始するをクリック。

 

下は【副業】というキーワードで検索してみた結果です。

 

月間の平均検索ボリューム数、競合性、関連ワードなどなど表示されていますよね( ・∀・)!

 

検索ボリューム数に関しては【100〜1000】、【1000〜1万】、【1万〜10万】といったように、大体の数値しか表示されないのですが、ある程度の需要は分かるので、参考程度にはなるかと思います。

(詳細の数値を表示させたい場合は、Google広告を利用して、広告を出す必要があります。)

 

以前のキーワードプランナーの便利な使い方

僕は以前のキーワードプランナーの方が好きなので、以前のやつも簡単に説明していきますね!!!笑

まず、以前のキーワードプランナーを開くをクリックすると、次のような画面が表示されます。

 

【宣伝する商品やサービス】に先程と同じようにキーワードを入力します。

 

同じように副業と検索すると、このような表示がされます。

もし、【広告グループ候補】のタブが選ばれている場合は、【キーワード候補】のタブを選択するようにしましょう!

 

 

そして、僕が使う検索の機能として、【キーワードオプション】で【入力した語句を含む候補のみを表示】を選ぶと、入力した語句を含んだキーワードだけが関連キーワードとして残ります。

 

左にある検索のカスタマイズの【キーワードオプション】をクリックします。

そして、キーワードオプションの中の【入力した語句を含む候補のみを表示】がオフになっているのをクリックしてオンにして保存します。

 

この設定のまま、キーワードを検索すると、【副業】という検索キーワードが入った複合キーワードの検索結果だけが表示されるようになります。

 

そうすれば、特定のキーワードが入った関連ワードの中から掘り出し物のキーワードを見つけることができますね( ・∀・)!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

こちらの記事ではキーワードプランナーで分かることと、実際に僕が利用している方法について説明させていただきました!

 

キーワードプランナーを使えば、色々なことが分かりますし、ビジネスに役に立てることもできます!

また、ここに書いた以外にも様々な使い方をしている方もいらっしゃいますので、ぜひあなたのビジネスに役立てられるようにキーワードプランナーを使ってみてくださいね( ・∀・)

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w