好きなことをビジネスにする

【好きなことして生きていく!】今は好きなことがビジネスになる時代!

こんにちは!

佐藤雄思です^^

 

毎日会社の残業で、家と会社の往復で

帰ったらすぐに寝てしまい、次の日は起きたら出社・・・。

 

たまの休みも疲れて家でゴロゴロしていたら、

一日が終わってしまう・・・。

 

あなたはそんな生活になっていないでしょうか!?

 

僕は東京に引っ越してきて、初めて電車に乗った(地元がど田舎過ぎた!笑)のですが、

正直、都会の電車の中、特に通勤時や帰宅時の満員電車の中は

完全に負のオーラが漂っているように感じます((((;゚Д゚))))笑

 

今の時代、個人が好きなことをビジネスにするのは

難しくない時代になってきています。

 

また、副業を推奨する会社も増えてきましたね!!!

 

こちらの記事では、個人が好きなことをビジネスにするのに、

今はとてもいい時代だということをお話していきたいと思います!!!

 

ぜひ、あなたも好きなことをビジネスにして、

毎日笑顔で過ごせるようになってください!

個人でビジネスにするのが簡単になった!

ビジネスって簡単に言えば

 

1.商品を作る

2.商品を知ってもらう(興味を持ってもらう)

3.商品を買ってもらう

 

この3つがあれば成り立つんですよね!

 

一昔前は、個人でビジネスをするとなった場合、

商品を作ると商品を買ってもらうということはできたのですが、

商品を知ってもらうという手段がかなり少なかったです。

 

例えば何かを作って、誰かに知ってもらおうとしても

 

チラシを作って配ったり、ポスティングしたり、周りの人に話して口コミで広げてもらったりといった方法しかありませんでした。

 

これらの方法だと、多くの人に何かを伝えるのは難しいですよね^^;

 

 

しかし、今はどうでしょうか?

 

インターネットが普及したことによって、

個人が日本全国、言ってしまえば、全世界の人に向けて情報を発信できるようになりました!

 

それに、FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSもかなりのユーザー数が利用していますし、ネットで人とつながることができたり、信頼関係を構築するまでできるようになってきています!

 

1人で多くの人に発信が可能になったので、個人で自分の商品を多くの人に知ってもらい、それを販売することもできるようになります。

 

つまり、昔は個人ではできなかった情報を発信する部分ができるようになったので、個人でビジネスができるようになったんですね( ・∀・)!

自分が好きなことがビジネスになる!

個人がビジネスをしやすい時代になったということは、何となく分かっていただけたでしょうか?

 

次に、自分が好きなことがビジネスになるの?

 

と思っている方のために、その疑問を解決していきたいと思います!

 

ちょっと小難しいマーケティング理論っぽい話になってしまいますが、

ぜひお付き合いください^^;

 

コトラーのマーケティング理論

コトラーのマーケティング理論ってご存知でしょうか?

 

これはアメリカの経営学者、フィリップ・コトラーが提唱したマーケティング理論で、

 

マーケティング1.0

→マーケティング2.0

→マーケティング3.0

→マーケティング4.0

 

の流れで、時代が進むに連れて、進化していると言っています。

 

それぞれのことに関して簡単に説明していきますね^^

 

ちなみにこちらがコトラーさん!!!笑

うん、雰囲気出てますね!!!笑

マーケティング1.0(製品中心主義)

マーケティング1.0は簡単に言うと、ものがなかった時代のマーケティングです。

 

この時代は良いものを安く作れば売れる時代でした。

 

冷蔵庫を作れば、持っていないから買う、

車を作れば、持っていないから買う。

 

といった感じですね!

 

日本では、戦後、3種の神器と呼ばれる電化製品が出た1950年代頃は、このマーケティング1.0の時代だと言われています。

 

マーケティング2.0(消費者志向)

マーケティング1.0の時代は物が無かったので、良いものを作れば売れる時代でした。

 

しかし、この時代になると、生活に便利なものや製品がたくさん開発されるようになり、それこそ同じような機能の製品がたくさん並ぶようになりました。

 

そうなると、製品の機能の良さだけでは、物が売れなくなってきますよね!

 

そこで、マーケティング2.0ではいかに消費者を満足させられるかを考えてマーケティングをするようになりました。

 

製品中心から、消費者中心に変わっていったんですね!

マーケティング3.0(価値主義)

マーケティング3.0の時代になると、製品の機能については良くて当たり前になってきます。

 

その中でどんな流れになったかというと、

 

「その企業はどんなビジョンで製品を作っているのか」

「社会的にその製品はどのような価値があるのか」

 

という、その製品以外の価値が注目されるようになりました。

 

この時代はインターネットが普及してきて、企業と顧客が簡単につながることができるようになりました。

 

それによって、企業は顧客と社会とのつながりを意識してマーケティングをするように変化していきます。

マーケティング4.0(自己実現)

マズローの欲求5段階説で言われている自己実現欲求を満たすために、人は製品やサービスを購入するという概念です。

 

自己実現欲求とは簡単に言うと「あるべき自分になりたい」という欲求のことです。

 

自己実現欲求はマズローの5段階欲求説で言うと、一番高次の欲求になります。

マズローの5段階欲求説に関しては、下で詳しく説明していきますね^^!

 

現在、日本ではマーケティング3.0〜4.0の時代だと言われています。

 

ですから、

製品のビジョンをしっかりお客さんに見せてあげられるような製品や、

自己実現欲求を満たしてあげられるような製品を作り、

マーケティングしていくことが売れる商品を作る上でのポイントになってきます。

マズローの5段階欲求説

マズローの5段階欲求説とは、心理学者のマズローが提唱した人間の欲求に関する説になります。

 

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」という仮定をもとに、

人間の欲求を5つの段階に分けたものです。

 

図に書くとこんな感じ!

 

下から順番に、「生理的欲求」、「安全の欲求」、「所属と愛の欲求」、「承認の欲求」、「自己実現の欲求」と5段階になっていて、人間の欲求はこの5つからなっています。

 

そして、下の欲求が満たされると、徐々に上の欲求を求めるようになっていきます。

 

それぞれの欲求について簡単に見ていきましょう。

第一階層:生理的欲求

生理的欲求は読んで字のごとく、生きていく上で必要な本能的な欲求のことです。

 

例えば、「食欲」、「排泄欲」、「睡眠欲」などが、生理的欲求に当てはまります

 

生理的欲求が満たされていない状態では、他の欲求を求めることはありません。

なぜなら、生理的欲求が満たされなければ、生きるのが困難だからです。

 

餓死しそうな状態で、

「自分の成長のために何かに挑戦したい!!!」

なんて考えにはなりませんよね?笑

 

まずは「生きるために何か食べなければ・・・」ってなると思います。

 

貧しい国で日々食べるものに困っている子どもたちなどであれば、

まずは、この生理的欲求を満たすために、いかなる方法であろうとしても食べ物や飲み物を得ようと考えていますよね。

 

 

基本的に人間以外の動物の欲求はこの「生理的欲求」がほとんどですが、

人間は「生理的欲求」でとどまらず、次の階層の欲求をもつようになります。

 

【生理的的欲求を満たすサービス】

生理的欲求を満たすサービスの例としては

コンビニや飲食店等が代表的なものですかね!

 

あとは、不眠の方の「睡眠欲」を満たすために、スリープコーチといったサービスも今はあるようですね^^

第二階層:安全欲求

生理的欲求が満たされたら、

次に人間は安全欲求を求めるようになります。

 

安全欲求とは何かと言うと、

 

例えば、

屋根のある家に住みたい

病気や事故を起こしてしまったときの対策をしておきたい

というように、自分の安全を守りたいとか、安全な暮らしをしたいといった欲求のことです。

【安全欲求を満たすサービス】

言うならば「家」を建てるのも安全欲求を満たすサービスですよね!

だから、大工さんとかは安全欲求を満たすサービスでもあるのかな?って感じですね!

 

あとは、地震や災害などのための防災グッズなどもそうでしょうね^^

第三階層:所属と愛の欲求(社会的欲求)

欲求の第三階層としては、所属と愛の欲求(社会的欲求)が生まれてきます。

 

所属と愛の欲求というのは、

そのままですが、所属したいとか愛されたいといったような欲求のことです。

 

家族や友人の中で自分も受け入れられたい。

会社でもグループから受け入れられたい。

 

と思うような欲求ですね。

人間は一人じゃ生きていけないと言うように、

どこかに所属したい、愛されたいという欲求があったりするんですね( ・∀・)

 

【所属と愛の欲求(社会的欲求)を満たすためのサービス】

社会的欲求を満たすためのサービスは今の時代たくさんありますね!

 

趣味のつながりでコミュニティー的なものもありますし、

FacebookやTwitterなどのSNSも社会的欲求を満たすサービスですよね^^

第四階層:承認欲求

社会的欲求が満たされると、今度は

誰かに認められたい、称賛されたいといったような欲求が出てきます。

 

周りに認められたいから、仕事を頑張って出世を目指す!といったような欲も承認欲求ですね。

 

第三階層の欲求で、どこかに所属したいという欲求が満たされると、

その所属している中で、今度は認められたいとか、スゴイと思われたいという気持ちが出てくるのは自然なことですよね!!!

 

【承認欲求を満たすサービス】

社会的欲求を満たすサービスとしても挙げましたが、

SNSは承認欲求を満たすサービスでもありますよね!

 

Facebookでリア充投稿などをする人は承認欲求を満たしたいために投稿しているんでしょうね!笑

リア充しているのを友人に見てもらって、スゴイと思われたいとか、羨ましがられたいといった感情があるのでしょう!

 

あとは、Yahoo知恵袋などのサービスも質問に答えることで

すごい人だと思われたいとか、認められたいという欲を満たしていますよね!

 

他は、少し前からあるVALUとか!

VALUでは自分自身の株のようなものを発行できて、

それをビットコインで売買できたりするサービスです。

自分の株の価値があがれば、周りに認められているという指標になるので、

これも承認欲求を満たすためのサービスと言えますね^^

第五階層:自己実現欲求

第一階層から第四階層が満たされたとしても、人間は満足できません。

 

第五階層として、自己実現欲求という欲求が出てきます。

 

自己実現欲求とは

・自分らしくありたい

・自分で問題を解決していきたい

というものです。

 

【自己実現欲求を満たすサービス】

人によって、なりたい自分は違うと思いますが、そのなりたい自分になるためのサービスです。

 

例えば、1ヶ月ちょっと前から僕が通い始めた「Bodyke」というプライベートジムですが、

こちらも自己実現欲求を満たすサービスですね!

 

Bodykeは、某プライベートジムRI◯APと違い、無理な食事制限をせず、

正しい食事の知識を付けつつ、好きなものを食べながら理想の体型を維持させるという感じです!

 

僕自身食べるのもとても好きなので、食事を制限しまくってボディメイクするというのは、

ちょっと違うなーと感じていたところもあったので、

Bodykeの理念が合っていて、こちらを選びました!!!

 

他にも英語を話して、海外旅行で旅行先の人と仲良くなりたいということが目標なら、

英会話スクールなどが自己実現欲求を満たすサービスでしょうし、

本当に色々なサービスがありますよね^^!

自分が好きなことがビジネスになる理由!

コトラーのマーケティング理論と、マズローの5段階欲求説といった、

少し小難しいお話をさせていただいたのは、

自分が好きなことがビジネスになるということをお話するのに、

知っておいていただきたい基本的な知識だったからです^^;

 

ここからはあまり難しい話ではありませんので、

ぜひ寝ないで読み進めてください( ・∀・)w

 

先程も書きましたが、コトラーのマーケティング理論でいうと、

日本はマーケティング3.0〜マーケティング4.0の時代です。

 

また、マズローの5段階欲求説をみると、

日本人の多くは生理的欲求や安全欲求はほとんど満たされていると言えるでしょう。

 

ですから、社会的欲求より上の階層、

社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求といった欲求をもっているということです。

 

コトラーの3.0〜4.0を見ても、マズローの欲求を見ても、

今の時代、日本では社会的なつながりや、自己実現が求められているということです!!!

 

何かに所属したい、その中で認められたいという欲求を叶えるためだったり、

なりたい自分に近づけるため、自己成長のためにお金を払ってくれます!

 

 

所属したい、認められたいという欲求を満たすために、

自分が好きなことで会員制サイトのようなコミュニティーを運営してもいいですし、

何か自分が好きで得意なことを誰かに教えることで、

自己成長の欲求を満たしてあげることができますよね!!!

 

そして、これらの欲求にお金を払ってくれる人が今の時代はたくさんいるんです( ・∀・)!

いい時代になったものですね!笑

まとめ

今の日本はマーケティングの流れ的にも、求めている欲求的にも、

自分の好きなことをビジネスにしやすい時代になっているということですね!

 

自分のビジョンをしっかり見せた上で、

お客さんの、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求の3つのどれか(もしくは複数)を

満たしてあげることができればそれがビジネスになります。

 

社会的欲求や、承認欲求に関しては、

自分の好きなことでコミュニティー運営することなどで、満たすことができますし、

自己実現欲求は、自分が好きで得意なことを誰かに教えることで満たすことができます。

 

コミュニティー運営や教育ビジネス以外でも、自分の好きなことをビジネスにする方法はありますが、

個人ベースでやるとなると、この2つが始めやすくて個人的にはおすすめですね〜^^

 

もし、あなたが今現在、嫌だな〜と思いながら会社に勤めているのであれば、

最初は副業からでもいいので、ぜひ自分の好きなことをビジネスとして始めてみてください( ・∀・)!

何度も言いますが、こんなにいい時代ありませんよ!!!笑

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w
関連記事