WordPress

ワードプレスでの見出しの付け方と見出しを付けるときの注意点教えたるで!

ブログを書いているとき、見出しって付けてるでしょうか?

 

あなたがもしブログを書いていて、

「何となく付けてはいるけど、ちゃんと見出しに付け方について考えたこと無いな〜」

というのであれば、

 

すごいもったいないことをしている可能性があります((((;゚Д゚))))!

 

こちらの記事では、ワードプレス初心者の方のために、見出しの付け方から、見出しを付ける時に注意した方が良い点についてお話させていただきます!

 

見出しを付ける時何となく付けていたり、全く見出しを付けていないというのであれば、参考になる内容もあると思いますので、ぜひ読んでみてください( ・∀・)

ワードプレスでの見出しの付け方

こちらは本当にワードプレスを始めたばかりで「見出しの付け方が分からない!」というのために、ワードプレスで見出しの付け方を説明しています。

 

ワードプレスをすでにお使いで見出しの付け方が分かるというかたは読み飛ばしちゃってください( ・∀・)!

 

1.記事編集画面を開く

多少色とかは違えど、こんな漢字の画面になっていると思います。

 

2.見出しになる文章を記事の本文の中に打ち込む

 

3.見出しを付けたい部分を選択する(ドラッグアンドドロップもしくはShiftキー+矢印で選択する)

 

4.上にある【段落】をクリックして【見出し1】を選ぶ

 

これで見出しを付けることができました。

 

同じような方法で【見出し1】だけでなく、【見出し2】、【見出し3】などと付けていく事ができます。

 

ワードプレスのテンプレートによって、それぞれの見出しに設定されているデザインは違いますが、僕のこのブログだとこんな感じで表示されます。

 

ワードプレスの管理画面だとこんな感じ

 

実際にページに投稿した後に表示されるのはこんな感じ。

 

僕が使っているテンプレートだと、【見出し1】はタイトルと同じ扱いとして設定されているので、基本【見出し2】と【見出し3】しか使わないですね。

 

【見出し5】とか【見出し6】はほぼ使わないので、デザインが設定されていないテンプレートとかも多いです。

テンプレートによって表示のされ方が結構違いますので、あなたが使っているテンプレートではどのように表示されるかを確認するようにしてみて、見出しを付けるようにしてください( ・∀・)!

見出しを付ける理由は?

見出しはただ付ければいいというわけではありません。

見出しを付けたほうがいい理由があり、それを意識した上で付ける必要があります。

 

ぜひ見出しを付ける理由を知っておきましょう!

ユーザー目線での見出しの考え

まず、あなた自身ユーザーの目線で考えてみましょう!

 

見出しがあるブログの記事と見出しがないブログの記事。

どっちが読みやすいでしょうか?

 

 

おそらく考えるまでも無いと思いますが、見出しがあるブログ記事のほうが読みやすいですよね!

 

 

見出しを付けることでユーザーさんが感じることとしては、

  • どこにどんな内容が書いてあるか分かりやすい
  • 自分に必要な部分だけを抜粋して読むことができる(自分にとって重要なポイントが分かる)
  • 視覚的に見やすい(文章にもメリハリが付く)

 

このようなメリットがあります。

 

ブログの記事の中でも必要のない部分と、必要のある部分がありますよね?

見出しを付けることで、自分が必要のある部分だけを読むことができるようにもなります。

 

また、ただ文字だけの文章だと、非常に読みづらいと思います。

そこに見出しのデザインが入ることで、文章にメリハリが付き、読み進めやすくなります。

 

また、SEO的な話しをすると、

検索エンジンの検索順位を決めているのは現在はほぼGoogleのアルゴリズムです。

 

で、Googleは「ユーザーの利便性」を第一に考えて、その検索順位を決めています。

 

見出しが無いブログの記事よりも、見出しを付けたブログ記事の方がユーザーとしては絶対に読みやすいので、検索順位を上げるためにも必要になってくると考えられますね( ・∀・)

検索エンジン的な考え

先程言ったように、ユーザーの利便性が検索エンジンでの検索順位に関係する可能性があるということもあるのですが、他の部分でも見出しを付けることで検索エンジン対策になる部分があります。

 

見出しを付けた部分のHTMLを見ると・・・

※HTMLとは、簡単に言えばブログを構成している文字列のようなものです。

 

見出し1には

<h1>【見出し1を付けた文章】</h1>

 

こんな感じで<h1>と</h1>というものに囲まれています。

 

同じように見出し2は

<h2>【見出し2を付けた文章】</h2>

 

見出し3は

<h3>【見出し3を付けた文章】</h3>

 

というようになっています。

 

HTMLが全く分からなければ、

「だからなんやねん( ・´ー・`)?」

って感じですよね_(:3 」∠)_w

 

簡単に説明していきます。

Googleのアルゴリズムで検索順位が決定するのは先程も言いました。

 

じゃあ、何をもとにその検索順位を決めているかというと、Googleは常にあなたのブログも含め、他の全世界のWEBサイトにクローラーというものを巡回させています。

 

そのクローラーが持ち帰った情報をもとに、検索順位が決められています。

 

で、クローラーはシステムですので、あなたのブログを人間のように視覚的に見ているわけではありません。

何を見ているかというと、HTMLと言ったような言語を見ているんです!

そのHTMLの文字列を見て、あなたのブログがどのようなブログなのかを判断します。

 

その時に<h1>、<h2>などのタグがついている部分は他のところよりも重要な部分だというように認識します。

数字が小さいほど重要だと判断するようになってますので、見出しを付けることでクローラーはブログがどのような階層で構成されていて、それぞれの部分にどのようなことが書いているのかが分かりやすくなります。

 

しっかりと見出しを付けることで、実際にタイトルに入っていないキーワードでも見出しに使われているキーワードで検索順位の上位に表示されることも多々あります。

 

ですから、ブログへのアクセスを増やしたいのであれば、見出しに入れるキーワードもしっかりと考えた方が良いということですね( ・∀・)♪

見出しを付ける時の注意点

次に実際に見出しを付ける場合の注意点についてお話していきます。

知っておけばすぐにでも使えるものですので、ぜひ参考にしてください!

タグの順番がバラバラ

いくつかのパターンがあるので、それぞれお話していきます。

 

  • <h1>を使わない

基本的に<h1>がいちばん重要な項目で、その中に<h2>、<h3>という階層構造が普通です。

 

<h1>がない状態だと、クローラーも

「<h1>タグないですやん((((;゚Д゚))))どこ〜〜〜(´・ω・`)?」

って感じで困っちゃいそうですね(´・ω・`)w

 

  • <h1>ばっかり

さっきのと逆で<h1>ばかりなのも、どこが重要なのか分からなくなってしまうので、NGです。

 

クローラーの気持ちになって考えると

「あっちもこっちも<h1>タグ・・・。どこが大事か分からへんねん0(`・ω・´)=〇」

もう、激おこですよ!w

 

  • 順番がめちゃくちゃ

<h1>という大見出しの中に<h2>という中見出しがあり、<h2>という中見出しの中に<h3>という小見出しがあるというような階層構造が正しいです。

簡単に言えば<h1>から順番に使っていけばOKです。

 

<h1>の中に<h3>が急にあったり、<h2>が急に現れたりするのはNG。

 

  • 正しい見出しの付け方(例)

パッと思いついたのを適当に書いたので、◯◯が多いのはご愛嬌で( ・∀・)!w

 

<h1>ダイエットにおすすめ!3つのパターンの低カロリー料理を紹介!</h1>

<h2>糖質を減らした低カロリー料理</h2>

<h3>おいしい!こんにゃく麺を使った〇〇パスタ!</h3>

<h3>激ウマ!◯◯を使った◯◯!</h3>

<h2>脂質を減らした低カロリー料理</h2>

<h3>さっぱりヘルシー!脂質◯◯gの驚異のダイエット料理!</h3>

<h3>油を使わない!◯◯を使った◯◯唐揚げ!</h3>

<h2>タンパク質多めで筋肉も減らしたくないけど低カロリー料理</h2>

<h3>タンパク質◯◯g!プロテインもいらないぐらいタンパク質を摂取できる◯◯料理!</h3>

<h3>高タンパク低カロリー!減量期にもおすすめ◯◯料理!</h3>

 

こんな感じ!

 

<h1>から順番に使うと言いましたが、<h1>の中に<h2>が複数あったりするのはOKです。

 

<h1>

—-<h2>

—-<h2>

—-<h2>

 

同じようにその<h2>の中に<h3>が複数あるのもOKです。

<h1>

—-<h2>

——–<h3>

——–<h3>

 

—-<h2>

——–<h3>

——–<h3>

 

—-<h2>

——–<h3>

——–<h3>

 

こんな感じ。

 

何となく分かっていただけたでしょうか( ・∀・)?w

キーワードを詰め込みすぎない

どの見出しにしても、キーワードをあまりにも詰め込みすぎるのはNGです。

 

理由としては、見出しにキーワードをたくさん詰め込んでしまうと、Googleの検索順位を決めるためのデータを持ち帰るクローラーが、

 

「ドレガダイジカワカラナイ(´・ω・`)?」

 

ってなるからです。

 

どのキーワードが重要なのかたくさんあると判断しかねるため、どのキーワードでも検索順位で上がらないという結果になってしまいます^^;

不自然な日本語にならないように

キーワードを入れたほうが、Googleの検索エンジンからのアクセスを見込めるという話しを先程書きました。

 

もちろん入れないよりは入れたほうがいいのですが、何より重要視するべきはGoogleが一番重要視している「ユーザーの利便性」です。

ユーザーの利便性を無視して、少し不自然な日本語でもキーワードを入れるのを優先してしまうのは、結局の所Googleの理念に反した方向の行動になってしまいます。

 

Googleの検索順位を決めるアルゴリズムは日に日に進化していっているので、理念に反するようなことはやってはいけません(´・ω・`)!

無理にキーワードを入れようとしない

先程の「不自然な日本語にならないようにする」と少し似ています。

 

例えば「風邪 治し方」というキーワードで検索エンジンの順位をあげたいと思っているとします。

 

ただ、見出しに「風邪 治し方」といれるよりも「風邪 治す方法」というキーワードを使ったほうが文章の内容にしっくりくるのであれば、無理に「風邪 治し方」を使わずに「風邪 治す方法」というキーワードを使って見出しを付けてしまったほうがいいです。

 

あまり例として良くないかもしれませんが、これも第一に考えるのは「ユーザーの利便性」ということです。

 

まあ、SEO的な考え方としては間違えてないので、普通に「風邪 治し方」でしっくりくる見出しを作れたらそれでいいんですけどね( ・∀・)w

まとめ

見出しの付け方とその注意点についてお話させていただきました!

 

この記事で言いたかったことを一言であらわすとするなら

 

見出し、ちゃんと付けたほうが良いで( ・∀・)

 

ということですwww

 

しっかりと見出しを付けて記事を更新していくのと、適当につけて更新していくのでは、後々のアクセス数に大きな差が出る場合もあります((((;゚Д゚))))!

 

知っておけば、すぐに使えることもあると思います。

なので、ぜひブログ初心者さんは参考にして、アクセスの集まりやすい見出しを付けてみてください( ・∀・)♪

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w