コミュニケーション

【心理学】アセンブリというテクニックで相手の心が読める!?

相手の心を読みたいと思ったことはありませんか( ̄ー ̄)ニヤリ?笑

 

相手の心を読めれば詐欺でも何でもお手のもの!!!

 

というのは冗談で、本日お伝えするテクニックは、コミュニケーションを円滑にするためのものです( ・∀・)

 

相手の心を読めるまではいかなくとも、相手の考えていることがなんとなく分かる様になったら良くないですか?

 

実際に会社での人間関係を良くするために使えたり、好きな人がいたら、その好きな人と付き合える確率が上がるかもしれませんよ( ・∀・)!

アセンブリとは

アセンブリは、意味としては【配置】という意味です。

 

では、コミュニケーションを円滑にするための【配置】が何の配置かというと、相手の目線です。

 

少し考えてみてください。

 

あなたが最近あっためっちゃ嬉しかったことはなんですか?

 

・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・

 

・・

 

 

考えましたか?

 

 

次に、

 

あなたが最近あった最悪な出来事はなんですか?

 

・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・

 

・・

 

 

考えていただけましたか?

 

 

その時の目線の先を思い出してみてください!

 

楽しかったことを考えた時と、最悪だったことを考えた時では、目線の先が違ったのではないでしょうか?

 

人は誰しもがその目線の配置に意味をもたせています

 

ポジティブなこと、ネガティブなこと、過去のこと、未来なことなど。

それぞれ記憶している配置が違うんですね( ・∀・)!

アセンブリを実際にどのように使うか

では、実際にアセンブリをどのように使えば、相手の心を読むことができて、コミュニケーションを円滑にできるのでしょうか?

 

まずは、あなたが仲良くなりたい人、好きな人がそれぞれポジティブなこと、ネガティブなことをどの配置に記憶しているのかを調べましょう!

 

先程僕があなたにした質問のように、

 

最近あった、楽しかったこと

最近あった最悪なこと

 

を聞いてもいいですし、

 

小学校のころにどんな楽しかったことがあった?

今までで一番悲しかったことはどんなこと

 

というように、ちょっと変えて、話の中で自然に使えるような形にしてもOKです!

 

とりあえず、相手にポジティブなこととネガティブなことを想像させるような質問をしてみましょう!

 

 

目線の配置がわかれば、相手がポジティブなことを考えているのか、ネガティブなことを考えているのかが分かるようになります。

 

そうすれば、例えば同僚とご飯に行くことになった時、

 

あなた「今日ラーメン食べに行かない?」

 

同僚「ラーメンかー。いいよ。」(この時ネガティブ配置に目線を動かす)

 

あなた「あ、やっぱり最近太ったからラーメンはやめて別のものにしてもいいかな?」

 

というように、相手が嫌だと思うものを避けることができるんです!

こういう日々の積み重ねがあると、相手は「あなたは僕のこと分かってくれてる!!!」と思ってくれる様になり、好感度があがります!

アンカリングと一緒に使えば、効果倍増!

アンカーは【いかり】のことです。

船を固定するものですね!!!

 

アンカリングは、簡単に言えば、「条件付け」のことです。

僕のイメージですが、自分の記憶に【いかり】を固定するといったイメージですかね。

 

一番有名なアンカリングの具体例としては「パブロフの犬」があります。

 

犬にエサを上げる時、毎回ベルを鳴らし、音をきかせました。

それを一定以上の期間続けることで、犬はベルの音を聞いただけで唾液が出るようになりました。

 

これは、ベルの音がアンカーとして機能し、「ベルの音=エサをもらえる」という条件付けができあがっているんですね( ・∀・)

 

先程のアセンブリでは、ポジティブなことを考えるのと、ネガティブなことを考えるので目線の向ける先が変わるという話をしました。

 

例えば、ポジティブなことを考えるとき右上を見て、ネガティブなことを考えるとき左下を見る人がいるとします。

 

アンカリングを考えると、その人にとっては

右上=ポジティブなこと

左下=ネガティブなこと

という条件付けがされているのです!

 

ですからその人と話す時に、右上に意識を集中させる手振りをしながら、話すとその内容をポジティブに受け取り、逆に左下に意識を集中させながら話すとその内容をネガティブに感じたりするんです!!!

 

さらに具体的なことを言うのであれば、

好きな子をデートに誘いたい場合であれば、

 

ポジティブな目線の先をジェスチャーで指を指しながら(不自然になりすぎないように注意!笑)「今度の日曜日水族館に行こうよ!」って誘ってみる。

そうすると、「水族館=楽しい」とか「日曜日に水族館に行く=楽しい」というイメージをもってくれるので、OKを貰える確率があがります!

 

また、彼氏のいる子を好きになってしまい、その彼氏と別れてもらいたい!(あまりいい感情では無いかもしれませんw)というのであれば、

 

相手がネガティブに感じる目線の先(例えば左下なら左下)の机をトントンと軽く指で叩きながら、今の彼氏のグチを聞く。

というようなことをすれば、「彼氏=ネガティブ」というイメージから彼氏のことが嫌いになって別れてくれるかもしれません。

 

まあ、彼氏と別れさせるというのは、あまりいい使い方では無いかもしれませんが^^;笑

 

 

アセンブリで決まっている目線の先とそのときの感情というのは、潜在意識に刷り込まれている部分です。

潜在意識の部分に抗うというのは人間は難しかったりするので、アンカリングと一緒に意識して使うことで、何倍、何十倍もの効果を期待できます( ・∀・)

まとめ

今日お話した話のような心を読むテクニック的なものは、使う人によって、良いことにも悪いことにも使えてしまいます。

 

先程例に上げた「彼氏と別れさせる」ということに使うのは、あまり良いことではないかもしれません^^;

 

しかし、良いことに使おうと思えば、周りとのコミュニケーションをスムーズにすることができますので、人間関係で悩んでいる方や、自分に好感を持ってもらいたい相手がいる場合は、ぜひこちらで紹介したテクニックを使ってみてください( ・∀・)

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w