WordPress

All in One SEO Packの設定!とりあえずこれだけは設定しておこう!

WordPressのプラグインはたくさんあります。

数あるプラグインの中から選んで便利にWordPressを使って欲しいのですが、それぞれプラグインによって、設定しなければならなかったり案外大変です^^;w

 

その数ある中のプラグインで、【All in One SEO Pack】はブログで収益化を目指すのであれば、インストールしておくべきものの一つです。

 

インストールした後、All in One SEO Packは細々した設定をしなければなりません。

こちらの記事では、「プラグイン?ナニソレオイシイノ( ・∀・)?」というような方でもAll in One SEO Packをインストールして設定できるように、最低限必要な設定について画像付きで説明していきます!

 

画像を見ながら一つずつ進めていってください( ・∀・)!

 

それぞれの項目がどんな意味があるのか知りたいという方は、詳しい設定に関する記事は別でまとめておきますのでそちらをご覧ください。

All in One SEO Packとは?

そもそも【All in One SEO Pack】は何のためにいれるんや?

 

ということを最初に知っておきましょう( ・∀・)

 

All in One SEO Packは簡単に言えば、WordPressでブログやWEBサイトを運営する時に、SEOのもろもろの設定を完結できちゃうプラグインです。

 

もっともっと簡単に言うと、あなたのブログに人が集まりやすくなるようにしてくれるプラグインです。

 

ブログを書いたり、WEBサイトを作っているのであれば、どうせなら誰かに見てもらいたいですよね!

 

だったら【All in One SEO Pack】をインストールして、設定しちゃおうぜってことです( ・∀・)

All in One SEO Packのインストールと有効化

プラグインのインストールはこちらをご覧ください。

ワードプレスのプラグインのインストール方法を3パターン説明したるで!

 

簡単に説明すると、Wordpressのダッシュボードにログインして、【プラグイン】→【新規追加】をクリック。

その後、プラグイン検索の検索窓に【All in One SEO Pack】と入力すると、表示されるので【今すぐインストール】をクリック。

画像はすでにインストール済みなので、【有効】と表示されてしまっていますが、インストールしていなければ【今すぐインストール】という表示になっていますので、それをクリックして有効化すればOK( ・∀・)!

All in One SEO Packの設定方法

インストールして有効化できたら、次に設定をしていきます。

 

All in One SEO Packを有効化すると、ダッシュボードの左に【All ine One SEO】と表示されると思います。

その中の【一般設定】をクリックしましょう。

 

クリックすると、All in One SEO Pack プラグイン設定というページが開きます。

ここから順番に設定していきましょう!

一般設定

一般設定は画像の通りに設定しましょう!

 

Canonical URL チェックを入れる

元のタイトルを利用 無効を選択

Schema.orgマークアップをしよう チェックを入れる

ホームページ設定

次にホームページ設定をしていきます。

 

 

ホームタイトル あなたのブログ(WEBサイト)のサイト名を入力する

ホームディスクリプション あなたのブログ(WEBサイト)の内容を分かりやすく伝える。

代わりに固定フロントページを利用する 無効になっているのを確認。

 

ここに設定したものが、あなたのブログが検索されたときに、検索エンジンに表示されるようになります。

※画像はテンプレートの関係でホームディスクリプションに入力した文章と違っていますが、基本入力したものが表示されます。

 

ちなみに、あなたのブログやWEBサイトがどんなキーワードで検索してもらいたいかを考え、そのキーワードを使ってタイトルもディスクリプションも入力するのがおすすめです。

タイトル設定

タイトル設定は有効にすると、何やかんや編集できるのですが、無効で問題ありません( ・∀・)

 

 

カスタム投稿タイプ設定

次にカスタム投稿タイプ設定です。

何か分からんけど英語で表示されとる・・・^^;w

 

Content Type Settings=カスタム投稿タイプ設定です!笑

 

カスタム投稿用のSEO(SEO for Content Types) 有効

SEOを行う投稿タイプ(SEO on only these Content Types) 投稿と固定ページを選択

詳細設定を有効化 有効

 

SEOを行う投稿タイプにチェックを入れると、ブログの新規作成ページに個別でタイトルやディスクリプションを変えられるところができます。

新規投稿画面の下にあるこんなんです。

 

表示設定

これは大して重要じゃないので、デフォルトのままでOKです。

 

ウェブマスター認証

Googleのウェブマスターツール(Search Consoleに名前が変わりました)と連携できます。

とはいえ、アナリティクスを使ってGoogle Search Consoleと連携させる方が簡単なので、僕が特に使ってません。

 

なので、特に入力する必要なし!

 

BingのWebマスターセンターとかも別に使う必要ないかなーと個人的に思っているので、特に設定しなくてよし( ・∀・)!笑

Google設定

次にGoogle設定の部分です。

 

ずらーっと色々項目がありますが、画像のところだけ設定しましょう。

高度な作成者情報オプション 無効

GoogleアナリティクスID 自分のアナリティクスIDを入力

高度な分析オプション 有効

 

トラッキングからユーザーを除外 全部チェック

 

アナリティクスのIDはアナリティクスの画面で見ることができます。

(アナリティクスの使用の申し込みをしている必要があります。)

 

アナリティクスの画面にログインして、左下の【管理】をクリック。

 

【プロパティ】の中の【トラッキング情報】にある【トラッキングコード】をクリック

 

そうすると、トラッキングコードが表示されますので、先程のGoogle アナリティクスIDのところに入力しましょう。

Noindex設定

Noindex設定では、Googleにインデックスさせないページなどの設定をすることができます。

インデックスさせないということは、Googleの検索結果に載せないということです。

あまりコンテンツの無いようなページに関してはNoindexに設定した方がSEO的に良いと言われています。

とりあえず画像の通りに設定しておきましょう!

 

カテゴリーページをインデックスさせるか、させないかというのは人にもよると思いますが、とりあえずはnoindexにしておいていいと思います。

詳細設定

詳細設定は全部チェック付けなくてOKです( ・∀・)

 

画像を貼る必要すらないですが、何となくここまで貼ってきたので貼っておきます!笑

キーワード設定

最後にキーワード設定です。

キーワードを使用 無効

 

これを有効にすると、記事ごとにキーワードを入力できるようになります。

 

もし有効にした場合、投稿する画面に、キーワードを入力する部分が表示されます。

 

キーワードの設定に関しては、あまり意味がないと言われているので、僕は設定していません。

なるべく面倒なことはしたくない性格なので( ・∀・)w

 

以上でAll in One SEO Packの最初にしておいた方が良い最低限の設定に関しては終了です。

まとめ

All in One SEO Packは最初に入れて設定しておくだけで、SEOの対策ができるようになります。

ちょっと面倒な作業ですが、1回するだけなら我慢できますよね( ・∀・)!笑

 

色々知っていれば、細々した設定もできるのですが、とりあえずはこんな感じで設定しておけば大丈夫です!

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w