ライフハック

大人にこそ勉強がおすすめの理由!「時間が無い」は言い訳やで!

「勉強=学生がするもの」と思ってはいませんか?

 

「社会人になってからは仕事が忙しくて、勉強どころじゃないよ(´・ω・`)」

という方も多いと思いのでは?

 

とはいえ、

「勉強は大人こそするべきだ!!!」

と、僕は声を大にして言いたいですね( ・∀・)!笑

 

「大人になったら物覚えが悪くて・・・(´・ω・`)」

「だって時間が無いんだもの・・・(´・ω・`)」

などという言い訳が聞こえてきそうですが、そんなのは完全に甘えです!

 

こちらの記事では、

  • 大人こそ勉強がおすすめな理由
  • 時間が無いという思い込みについて
  • 大人の皆さんにこそ身につけて欲しい力

についてお話していきたいと思います!

大人こそ勉強がおすすめな理由

大人こそ勉強がおすすめな理由として、僕が考えるものは3つあります。

 

1つ目は勉強したことが直接自分の利益や収入につながることです!

 

学生のころの勉強は、学校のテストでいい点数をとったり、いい大学に行くのが目的ですよね。

いくら頑張ったところで、自分の収入には直結しないわけです。

 

「良い大学に入れたら、それは長期的にみて自分の利益や収入につながるでしょ!」という人もまだいるかも知れませんが、現実を見てください^^;笑

 

今の時代、いい大学を出ればいい会社に就職できるとも限らないですし、今や大企業でも倒産したり、大規模なリストラが行われる可能性もあります。

また、いい会社に入って成功したとしても、年収でいったら1000万越えぐらいなもんでしょう。

 

しかし、大人になれば勉強することをそのまま利益にすることができます。

分かりやすい例えだったら、資格をとれば給料が上がったりすることもありますよね!

 

あとは、自分でビジネスをしている方であれば、知識があることで、利益を何倍にも膨らませられる可能性もありますよね( ・∀・)

 

2つ目は情報はお金になるということです。

 

誰かが知らない情報や、情報をまとめて使える形にすれば、それを買ってくれる人がいます。

 

ネットビジネスをやっている人は聞いたことがあると思いますが「情報商材」なんて、まさにそれですね。

あとは、コンサル業をしている人なども自分の知識を使っていい代わりにお金をもらっていますよね!

 

今の時代はそれだけ情報に価値があるということです( ・∀・)

 

3つ目はチャンスをつかめるということです。

逆に言うと、損を無くせると言ってもいいかもしれません!

 

なんでもそうですが、チャンスが回ってきた時に、そのことを知っていれば乗っかるかどうかを判断することができますよね!

 

僕も過去に知らなかったことで損した経験があります・・・(´・ω・`)

 

約2年ぐらい前に持ちかけられたビットコインの話。

その時は1Bit10万円以下だったのを覚えています。(確か8万円ぐらい)

 

友人に紹介されて「100万円ぐらいでもいいから買ってみたら?」と言われました。

 

その時は「よー分からんから、やめとくわ_(:3 」∠)_」って何も考えずに断ってしまいました。

自分が知らないものって人間怪しく感じるんですよね^^;

 

けど、ちゃんと仮想通貨について情報を知っていたり、しっかり調べたりすれば、そこで購入しておくかどうか判断できたんですよね。

 

まあ、今も別にあぶく銭にさほど興味はないのですが、あの時知らなかったことで、資金を10倍、20倍にできるチャンスを逃したということですね!

大人になると勉強しなくなる原因

物覚えが悪くなったから勉強する気が起きない?

以前も記事に書いたのですが、一昔前までの研究では、脳の細胞は生まれたときが一番多く、徐々に減っっていくとされていました。

 

しかし、最近はニューロプラスティシティという脳の再生能力に関する研究が進み、大人になってからも脳は変化することが分かってきました。

 

つまり物覚えが悪くなったと感じるということは、それだけ脳を使っていないということです。

ですから、物覚えが悪くなったと感じる人ほど、勉強したほうが良いということですね!

 

「物覚えが悪くなって〜・・・(´・ω・`)」っていう人は自分が勉強したくないただの言い訳を言っているだけと言えるでしょう( ・∀・)w

本当に時間がない?

結論から言うと、時間が無いと感じるのは勘違いです。

 

例えば、日本人の労働時間のデータを見ると、

1970年代、日本人は年間2200時間程働いていましたが、2016年のデータでは1713時間でした。

 

つまり仕事の時間は500時間も短くなっているんです。

 

その分趣味や娯楽に時間を使えているかというと、そうでもないという結果もでています。

1976年の結果と比較して、2006年の結果は余暇時間(趣味や娯楽などに使う時間)は少なくなっているという結果が総務省の社会生活基本調査のデータとして出ています。

 

また、やるべきことが多いと感じているビジネスマンの3分の2は、仕事中に1時間以上仕事に全く関係のないことをしているということも分かっています。

 

つまり、実際は現代の日本人は以前に比べて時間はあるはずなんです!

 

ただ、そんな中でも時間が無いと感じている人が多くいるのには原因があります。

その原因とは、時間に対する様々な勘違いから、時間感覚が歪んでしまっているということです。

大人にこそ身につけて欲しい力とは?

検索する力

まず、僕が考えるに検索する力をもつことが一番最強だと思います。

 

そもそも人間の脳みその容量は決まっています。

今は情報があまりに多くて、その全てを脳に記憶するなんて不可能と言ってもいいでしょう。

 

しかし、知らないことでも検索することができればいいんです!

 

僕らはGoogle先生という頼りになる味方がいます!

Google先生は基本的に何でも知っています!

そのGoogle先生を最大限に活用しできる検索能力が身に付けば、あなたも何でも知っていると言えるような状態になります。

 

何か新しいことを始める時でも、普段の生活の中でも、様々な問題って起きますよね。

それらの問題を全て解決してくれるのがこの検索能力です。

インプットする力

検索する能力があればいいとは言ったものの、自分が選んだ専門知識に関しては、インプットしてほしいですね( ・∀・)笑

 

インプットする時のコツとして2つあげておきます。

 

1つ目は教えるつもりになってインプットするということです。

 

ワシントン大学の研究の結果から、人は教えるつもりになるだけでインプットする学習効率が上がるというデータが出ています。

 

しかも、別にその後に誰かに教えなくてもOKで、そう思ってインプットするだけで効率があがりました。

 

思うだけでインプットする効率が上がるならやって方がいいですよね( ・∀・)!

 

2つ目は人は思い出す時に記憶に定着するということです。

例えば読書している本の内容を覚えたいのであれば、途中で思い出す作業を入れるようにします。

具体的には、「1ページ読んだら、一旦本を閉じて、読んだページに書いてあったことを思い出すようにする。」という作業を入れたりすると良いということです。

 

読書だけでなく、他のことを覚えたいときでもこの考え方をもつようにしてください!

アウトプットする力

日本人はアウトプットよりインプットの割合の方が高い人が多いです。

実際にインプット:アウトプット=7:3ぐらいらしいです。

 

しかし、記憶を定着させるために理想のインプットとアウトプットの比率は、

インプット:アウトプット=3:7と言われています。

 

ですから、インプットの方が多いと感じる人はアウトプットを増やす努力をしてみてください!

 

アウトプットのいいところとしては、覚えた記憶を忘れなくなるということです。

 

その理由としては、多感覚理論というものがあります。

多感覚理論とは人間は多くの感覚を刺激した方が個々の感覚同士を結びつけようとするため、記憶に定着しやすいという考えです。

 

実際にマックスプランク研究所の研究結果でも、ジェスチャーを使って覚えたグループの方が絵を買いたり、音声だけを使って記憶するよりも圧倒的に結果が良いというデータがあります。

 

自転車に一度乗れるようになったら、長い期間乗っていなかったとしても、次に乗った時に乗れなくならないように、運動神経と結びついた記憶は忘れづらいんですね( ・∀・)

 

そして、アウトプットは「話したり、書いたり、行動したり」という動きが伴うため、「見る、聞く」といった覚えるだけのインプットよりも多くの感覚が刺激され、記憶の定着をより強固なものにしてくれるんですね!

まとめ

大人にこそ勉強がおすすめの理由と勉強に関することについてお話させていただきました!

 

勉強をして知識を身につけることで、あげたメリットだけではなく、他にもたくさんの良いことがあります。

 

ぜひ、身につけるべき3つの力を手に入れて、どんどん知識で人生を豊かにしていってくださいね( ・∀・)

関連記事