ブログ

アドセンスを再取得することはできる?アドセンス再取得の方法とポイント!

アドセンスの審査が去年ぐらい厳しくなってきました。

 

それに伴って、アドセンスを運用する中で、規約違反などをしてしまうと、厳しい処置を科されるようにもなりました。

 

規約違反してしまった場合のGoogle側からの処置には【警告】、【停止】、【無効化】の3種類がありますが、この3種類の中で一番処置が重いのが【無効化】です。

 

アドセンスのアカウントを無効化されてしまうと、その言葉通り、完全にアカウントが使えなくなってしまいます。

 

ログインしようとしても、

 

 

このような画面が表示され、全く何も操作できなくなってしまいます。

 

いやー、こうなると正直絶望ですね・・・^^;

 

しかもアドセンスのヘルプには

 

同一のお支払い受取人に対して運用できるアドセンスアカウントは1つのみです。

 

と書いてあります。

 

つまり、アドセンスのアカウントは1人1つまでしか取得できないということです。

 

では、アドセンスを無効化されてしまった場合は一生アドセンスを使うことができないのでしょうか・・・?

 

原則ではアドセンスのアカウント再取得したり、複数取得したりすることはできないことになっています。

 

しかし、意図していないことでアドセンスのアカウントが無効化されてしまったりした場合、一生アドセンスのアカウントを使えなくなってしまうのはちょっと気の毒です・・・^^;

 

僕も一度無効化されていますし。笑

 

この記事では、アドセンスを再取得する方法とそのときのポイントについて書いていきたいと思います!

 

もしあなたが、アカウントが無効化されて、アドセンスの運用を諦めてしまっていたり、

今後アドセンスのアカウントを複数運用したいと思っているのであれば、参考にしてみてください!

 

※注意 こちらの記事に関しては、管理人個人の経験から書いています。

参考にしていただくのは構わないですが、もし再取得する場合は自己責任でお願い致します。

それと、管理人はアドセンスのアカウントを複数取得したり、再取得するのを推奨しているワケではありませんので、ご理解の上こちらの記事を読んでいただければと思います。

 

アドセンスのアカウントを再取得する方法

先程も言ったようにGoogle側は同一人物がアドセンスを再取得したり、複数所持することを禁止しています。

 

ですから、同一人物がアカウントをもっているとGoogleアドセンス側に気づかれれば再びそのアカウントも無効化されることになってしまいます。

 

つまり、アドセンスのアカウントを再取得する場合はアドセンス側に【別の人物がアカウントを運用している】と思わせる必要があります。

 

ちなみに、あなたがご自身の会社をもっているのであれば、法人名義でもアカウントを取得できます

 

といっても、もし現在会社をもっていない方に、「アドセンスのアカウントを取得するために、法人を立ち上げてください。」なんて言いません。笑

 

ですから、今回は法人のアカウントを作る以外で、アカウントを再取得する方法についての説明になります。

 

もちろん、Googleアドセンス側でアカウントの再取得や複数取得は禁止されているので、ここに書いた方法でアカウントを取得するのは裏技的な方法になります。

 

基本は、一つのアカウントを規約違反しないように慎重に運用していくことが理想です!

 

もし現在、使えるアカウントをおもちなのであれば、複数のアカウントを取得しようなどと考えずに1つのアカウントを運用していきましょう!

 

アドセンスのアカウントを再取得するときのポイント

アドセンスを再取得するためには【別の人が運用している】アドセンス側に思わせる必要があります。

 

そのために注意してほしいポイントがいくつかあるので、そちらを確認していきましょう!

 

新たなGmailのアカウントを取得する

まずは新しいGmailのアカウントを取得する必要があります。

 

Gmailアカウントの作成はこちら

 

既に以前のGmailのアカウントでログインしている可能性があるので、その場合は一度ログアウトするか、シークレットウィンドウ等で開くようにしてください。

 

登録情報を以前のアカウントと変更する

アドセンス側に【別の人が運用している】と思わせるために、以下の情報を変える必要があります。

 

全て変える必要はありませんが、一つでも多く変えることで、以前使っていたアカウントと関連付けされるリスクを減らすことができます。

 

口座を変える(必須)

アドセンスの報酬が8000円を越えると報酬を受け取るために、口座の設定が必要になります。

 

以前のアカウントで8000円の報酬を越えていて、口座を登録していた場合、その口座は新しいアカウントでは使用できません

 

口座を変えなければ、確実に以前のアカウントと関連付けられて、新しいアカウントも無効化されてしまいます。

 

もし以前のアカウントで口座の設定をしていない状態だった場合は、どの口座を使用しても大丈夫です!

 

電話番号を変更する(ほぼ必須)

電話番号は以前使っていたものとは別のものを使うようにしてください。

 

家族や友人に事情を説明して電話番号を貸してもらうか、家に電話回線があるのであれば、家の電話でも大丈夫です。

 

また、基本的に最初の電話番号確認が終了すれば、この電話番号は使わないので、アカウントを取得できるまで格安SIMのスマホを契約したりするという手もあります。

 

あと、050から始まる番号でもアカウントを取得できるそうです。

 

僕自身実際に試したことがないので分からないですが、050の番号であれば、月々数百円で取得できるので、できるのであれば050の電話番号を取得するのもいいでしょう。

 

それと、おすすめはできませんが、以前のアカウントが無効化されてから大分時間が経っているのであれば、そのままの電話番号を使ってもアドセンスのアカウントを取得することができる可能性もあります。

 

しかし、電話番号が以前と同じものを使うのであれば、Gmail取得時の名前を変えるようにしてください。

(Gmail取得時の名前がそのままアドセンスアカウント取得時の名前になります。)

 

いくら時間が経ったからと言って、以前の電話番号と同じで、名前まで同じだと流石に同一人物と見なされる可能性が高いです。

 

同じ電話番号を使うのは、最終手段と考えてください。

 

基本的には知人に電話番号を借りるか、新たに電話番号を取得して登録することになります。

 

名前を変更する(ほぼ必須)

まず、名前は口座の名義と同じである必要があります

 

もし家族や友人の名義と口座を借りることができるのであれば、実際に【別人がアカウントを取得している】と思わせられるので、その方が安全ではあります。

 

とはいっても、無償で名義と口座を貸してくれる人は家族ぐらいなものだと思うので、家族に頼んでみましょう。

 

どうしても家族の名義も使えないという場合は自分の名義でもアルファベットやカタカナにすることで取得することも可能です。

 

以前のアカウントに登録したときの名前が【佐藤 雄思】だった場合、【サトウ ユウシ】にしたり【Yushi Sato】にすることで、別人と判断してもうえる可能性が高くなります。

 

名前に関しては、同姓同名の人もたくさんいるので、正直そのまま同じでも大丈夫です。

 

しかし、名前が以前のアカウントと同じで、他の部分(住所、IP等)も同じだと、ほぼ確実に同一人物だと見なされてしまいます

 

ですから、できるだけ安全に新規アカウントを取得するために、名前は変えるようにしましょう。

 

住所を変更する(同一名義なら必須)

住所も同じ理由で別の住所を登録するようにしましょう。

 

アドセンスの報酬が1000円を越えると住所確認のために、登録した住所にPINコードというものが送られてきます。

 

 

前までは上の小さな用紙で3箇所をテープで貼られただけのものでした。

 

テープが貼ってないところから除くと中が見える状態でした^^;笑

 

流石に無防備だと思ったのか、現在は下の用紙で破らないと中身が見えないような作りになっています。

 

住所に関しては、同一名義でアカウントを取得するのであれば確実に別のところに変更するようにしてください。

 

PINコードを受け取れるところであれば、どこでもいいので、実家や親戚、友人に頼んで、PINコードが届くことを伝えておき、受け取ってもらいましょう!

 

また、家族などの別名義の場合は、同じ住所でもアカウントを取得することはできます

 

同じ住所だとしても家族であれば不自然では無いですし、会社の住所などで複数人アカウントを取得することは十分考えられるので、別名義であれば、同一の住所でも大丈夫なんですね。

 

とはいっても、完全に分けたほうがアドセンスアカウントを運用する上で安全ではあります。

 

ですから、PINコードを受け取れる別の住所があるのであれば、別の住所を登録した方がいいでしょう。

 

IPを変更する(同一名義なら必須)

インターネットにつなぐ時に、その回線ごとにIPアドレスという識別番号があります。

 

簡単に言うと、IPアドレスはネット上の住所みたいなものです。

 

例えば、あなたが自宅に回線を繋いでいるとしたら、その回線に割り当てられたIPアドレスというものが存在するのです。

 

つまり、同じIPアドレスでアカウントを再取得しようとするのは、同じ住所でアカウントを再取得しようとするのと同様で、同一人物と見なされる可能性が高くなります。

 

同じIPで同じ名前でアカウントを作ろうとしたら、一発アウトだと思ってください^^;

 

ですから、アドセンスを再取得するのであればIPアドレスは変えるようにしてください。

 

IPアドレスを変えるには、ネットにつなぐ回線を変える必要があります。

 

具体的には

 

・ネットカフェのパソコンでアドセンスアカウント作成する

・フリーのWi-Fiを使ってアドセンスアカウントを作成する

 

などで違うIPアドレスでネットにつなぐことができます。

 

また、モバイルWi-Fiルーターなどは、電源を切ってもう一度ONにするとIPが変わるものがあるので、もしIPが変わるモバイルWi-Fiルーターをお使いであれば、電源のON/OFFでIPアドレスを変えることができます。

 

パソコンを替える

パソコンに関しては、そのパソコンを識別する識別番号的なものは無いと聞いています。

(あまり詳しくないので分からないです。)

 

ですから、パソコンが同じということだけで、以前のアカウントと関連付けられる可能性はあまり高くないと思います。

 

しかし、アドセンスを再取得したことがある方やアドセンスの再取得に関する記事を書いている方を見ると【パソコンは替えた方がいい】と言っている方が多いです。

 

以前のアカウントとできるだけ関連付けられないようにするのであれば、パソコンも替えたほうが安全ではあると思いますので、別のパソコンを使えるのであれば別のものを使うようにしてください。

 

また、ネットカフェなどでアカウントを作成できるのであれば、ネットカフェならばIPもパソコンも別のものになりますので、違うIPの回線を使うためにネットカフェを使うのであれば問題ないでしょう。

 

アドセンスアカウント再取得のために必要なもの一覧

ここまで書いてきたことから、アドセンスアカウントの再取得のために必要なものをまとめると、

 

・PINコードを受け取るための別の住所

・別の名前とその名義の口座

・別のIPアドレス(できればパソコン)

 

別の住所、別の名前、その名義の口座だけあれば、あとはネットカフェを使えばOKです!

 

長々と書いてきましたが、まとめるとこんな簡単に終わってしまいました^^;笑

 

アドセンスをアカウントを複数運用することについて

「以前のアドセンスを無効化されたわけでは無いけれど、複数アカウントを取得したい」という声を結構聞いたりします。

 

個人的にはある程度の売上が上がるまでは、1つのアカウントを運用したほうがいいと思います。

 

リスク分散のために複数アカウントを取得したいという考えは分かるのですが、複数のアカウントを運用すると、関連付けられて一度に2つ以上のアカウントを無効化される可能性もあります

 

こうなると、リスク分散がリスク分散になっていない感じですね^^;笑

 

ですから、基本的に一つのアカウントを大切にすることを考えるのが個人的にはおすすめです。

 

もし一度に複数のアカウントを運用したいのであれば、完全に別人になりきって、住所、名義、口座を分けるのはもちろん、回線やパソコンも別のアカウント用に契約、購入してください。

 

アドセンス広告は非常に稼ぎやすい広告ですので、あなたも上手くアドセンス広告を活用して、安全に稼いでみてくださいね!

ABOUT ME
佐藤雄思
好きなことだけして生きています( ・∀・)w